磐田市 膝伸展制限の改善方法

磐田市 膝伸展制限の改善方法

2018-12-03

【膝伸展制限とは】
膝屈伸制限は、関節の可動域制限です。
交通事故などによる後遺症により、膝の可動域制限を受けてしまい、健康な状態なのに膝が曲がらなくなってしまい状態です。

多少の可動域制限があってもいいと思うかもしれませんが、膝関節というのは90度以上曲がらないと生活上大きな支障が出てしまいます。
立ち上がりや歩行、階段の昇り降り、車や自転車の運転など、膝というのは意外と大きく曲げて生活をしています。

膝伸展制限となってしまうと自力で歩行が困難となってしまい、今まで通り歩くことができなくなってしまいます。
股関節部分の可動域が制限されてしまうことで、体の重心移動が難しくなってしまい転倒してしまうこともあります。
足がスムーズに動かず転倒してしまう人がいますが、それは股関節の可動域が制限されてしまっていることにより、スムーズな体の重心移動ができなくなっているからです。
このように、膝伸展制限というのは日常生活に与えてしまう影響はとても多くあります。
今まで出来たこともできなくなってしまう要素が多く、かなりの負担となってしまいます。

膝伸展制限で動きにくくなっても、諦めてはいけません。
適切な治療を受けることで、可動域は広がる可能性があります。
できる治療を受けて、膝の可動域を少しでも広げるようにしましょう。

 

【膝伸展制限の改善方法】
膝伸展制限の改善方法は、これらが挙げられます。

・薬物療法
膝伸展制限は筋肉の収縮が発生しているので、筋肉の収縮を改善へとみちびく治療が大事となります。
筋弛緩剤や神経ブロックなどの薬物で、固まってしまった筋肉を柔らかくして膝の可動域を広げるようみちびきます。

・運動療法
ストレッチなどの運動療法で、硬くなってしまった膝関節を柔らかくします。
膝に負担がかかると高い効果を望むことができないので、専門医に相談をして適した運動で改善へとみちびきましょう。
我流で運動を行うと膝に余計な負担がかかってしまうことがあるので、オススメできません。

・整体院や接骨院での治療
整体院や接骨院での治療は、理学療法や鍼灸療法を用いて筋肉をやわらげて症状を緩和させていきます。
血流改善にも導き、膝の可動領域を広げるようみちびきます。

・減量
膝には体重が大きくのしかかかるので、慎重に似合ってないオーバーな体重はとても大きな負担となってしまいます。
適度な運動をして減量して、慎重に見合った体重をキープしましょう。
食事制限では足腰に力が入らず余計状態が悪化してしまうので、よくありません。
ウォーキングなどの簡単な運動でいいので、徐々に減量へつなげましょう。

・膝に負担を掛けない生活をする
膝に負担を掛けない生活をすることで、膝伸展制限を少しでも楽にすることができます。
いきなり立ち上がったり急な動きはせず、ゆっくりとした動きで膝に負担をかけないようにしましょう。
また、歩く際は杖を使って、膝に極力負担をかけない歩行としましょう。

 

膝伸展制限は、想像以上に辛く生活に支障が出ます。
悪化しないよう、改善へとみちびくケアで少しでも楽な状態になりましょう。

磐田市 膝伸展制限の改善方法なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME