磐田市 ジャンパー膝 膝蓋腱炎

磐田市 ジャンパー膝 膝蓋腱炎

2018-11-30

【膝蓋腱炎の症状や原因】
膝蓋腱炎は別名ジャンパー膝といい、膝蓋骨とおい膝のお皿の骨の下に痛みが発生する症状です。

バレーボールやバスケットボールのような、ジャンプなどの着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキックやダッシュなどの走る動作を繰り返すことにより、多く発症する傾向があります。
オーバーユースに起因することで発生する、膝のスポーツ障害となります。

とあるバレーボールのナショナルチームによると、膝蓋腱炎になった選手は108年中35名おり、発生率は約32%ありました。
膝を酷使するスポーツを行っていると、膝蓋腱炎になりやすいということがわかります。

12~20歳に発症することが多く、特に10代に男の子に発症する確率が高いといわれています。
この年代はスポーツの部活やチームでスポーツをやっている子に発症が多く、そのような子に多く発症している傾向があります。

左右に疾患の差はなく、負担のかかり具合によりどちらも発症する可能性があります。
中には、両膝に発症する子も多くいました。
そのため、片方が痛くても、もう片方にも症状が出ていないのかをチェックするようにしましょう。
膝蓋腱炎で診察を受ける際は、片方のみに違和感があっても両方のひざのチェックを行います。

このような症状がある場合は、膝蓋腱炎の可能性が考えられます。

・ジャンプをすると膝が痛い
・スクワットをすると膝が痛い
・歩くと膝が痛い
・膝を曲げると痛い
・膝を押すと痛い
・スポーツをすると膝に痛みを感じる

膝蓋腱炎の原因は、大腿四頭筋の柔軟性が低下したことが要因と言われています。
特に成長期で長身の線種の場合、骨の成長に筋肉の成長が追い付かない場合があり、結果的に筋肉が硬い状態となってしまうことで、その負担が膝蓋骨周辺に蓄積してしまい、発症してしまう慢性的な障害です。
そのため、急激に身長が伸びた子も発症しやすいといえます。

 

【膝蓋腱炎の改善方法】
膝蓋腱炎の開園方法は、以下のような内容となります。

・安静
膝蓋腱炎は成長期に起こる一過性の疾患なので、成長が止まって骨端線が閉じればチュすることが大半です。
そのため、軽度な膝蓋腱炎の場合は安静にしているだけで改善してきます。
もちろん、安静中はスポーツ活動は一切控えることが大事となります。
動いで膝に負担を掛けると改善が難しくなってしまうので、症状緩和まで動かないようにしましょう。

・アイシング
膝蓋部分の炎症なので、アイシングで症状緩和へとみちびくことができます。
冷えピタや冷湿布を使って、患部を冷やしましょう。

・薬物療法
痛み止めの処方や、痛みが強い場合は消炎鎮痛剤にて痛みをやわらげます。
激痛が走る場合でも、消炎鎮痛剤で楽になりますよ。

・物理療法
超音波や低周波などに物理療法を行い、患部を柔軟にして症状を緩和させていきます。

・鍼灸治療
トリガーポイントに整体治療を行い、血流を改善させて症状を緩和させます。
原因に直接アプローチした治療方法となり、早く痛みを取り除くことができます。

 

磐田市 ジャンパー膝 膝蓋腱炎なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME