磐田市 離断性骨軟骨炎の初期段階

磐田市 離断性骨軟骨炎の初期段階

2018-11-03

【離断性骨軟骨炎の症状や原因】

離断性骨軟骨炎とは、スポーツなどで繰り返して行うことでストレスや外傷により、壊死してしまった関節軟骨の骨片が軟骨から剥がれ落ちてしまった状態です。
通称野球肘と言われており、野球をはじめテニスやゴルフなどの、肘を酷使するスポーツを行っている人が発症する割合が多くあります。
成長期の、小中学生の男の子に多く発症する病気です。

離断性骨軟骨炎は、単に肘を酷使しすぎたから発症する訳ではありません。
フォームが良くない場合や肩や股が硬い場合、ヒジのストレッチを行わずスポーツを行っている場合に多く見られます。

離断性骨軟骨炎には、段階によりこのような症状が発生していきます。

・初期(非分離型)
初期段階では、軟骨骨片がはがれることはありません。
運動後に不快感があり、鈍痛などが起こるようになります。

・中期(分離型)
軟骨骨片の表面に亀裂が起こりはじめるようになり、骨片がはがれていきます。
骨片がはがれると、関節を動かす際に引っかかる感じがしたり、痛みも発生していきます。

・末期(遊離型)
軟骨骨片が、完全に剥がれ落ちてしまった状態です。
剥がれ落ちてしまった骨片が関節に挟まってしまうことで、関節がロックされてしまい動かなくなってしまいます。

初期段階であれば軟骨の剥がれはないので、十分に治療の余地があります。
悪化しないうちに、軽度のうちに治療を受けて改善へとみちびくようにしましょう。
少女が3週間続いている場合は、迷わず受信されることをオススメします。

初期段階であれば、診察はレントゲンやMRIで行います。
中期や末期でもレントゲンを使った診察をしますが、骨片を見落とさないよう特殊な方向からのレントゲンが必要となり、検査に時間や費用がかかってしまいます。

 

【離断性骨軟骨炎の治療方法】
離断性骨軟骨炎は、以下のような治療方法をおこなっていきます。

・保存療法
未成年の場合で軽度な場合は、保存療法で改善が可能です。
安静にしていることで、治癒が可能となります。
安静の中で定期的に画像診察を行っていき、軽かが良好な場合は徐々に活動量を上げて元の生活に戻っていきます。

・手術療法
成人は未成年と違い治癒能力が低いので、保存療法では改善を期待することができません。
また、骨片が完全に剥がれている場合も、自然治癒は期待できないので手術となります。
離断性骨軟骨炎の3割の人が、手術となる傾向があります。
手術療法によりますが、2~4カ月程度で元の生活に復帰が期待できます。

・鍼灸治療
鍼灸治療では、前腕部や上腕部の筋肉の緊張を緩和させて、肘に負担を掛けない治療を行います。
肘に負担がかかりにくくなることで、症状が楽になっていきます。
スポーツ障害に熱心な整骨院や接骨院がオススメで、状態を緩和へとみちびいてくれますよ。

 

離断性骨軟骨炎は、初期段階であれば改善へとみちびくことができます。
我慢せずに、すぐに専門医に相談をしましょう。
またスポーツを続けていくためには、早急な対応が大事となります。

磐田市 離断性骨軟骨炎の初期段階なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME