磐田市 変形性腰椎症の対処

磐田市 変形性腰椎症の対処

【変形性腰椎症の原因や症状】

変形性腰椎症とは、椎間板が痛んでしまって厚みが減ってしまうことで椎間板に接している椎体が骨硬化してしまい、前後に骨棘ができてしまう症状です。
変形性腰椎症が悪化して狭窄感が狭くなってしまった状態を、胸部脊柱管狭窄症といいます。
腰の部分だけではなく足のしびれや痛みが出てきてしまう場合は、腰部脊柱管狭窄症の疑いがあります。

主に加齢が原因で、椎骨を支える椎間板が変形したり摩耗してしまうことで、発生してしまいます。
40代以降になると発症する方が増えてきて、男女問わず発症する傾向があります。
そのため、年齢を増すと誰でもなる恐れがある症状といえます。
また、このような方も変形性腰椎症になりやすい傾向があります。

・重労働
・激しいスポーツ
・血行不良
・同じ姿勢を継続している
・太っている
・冷え性
・精神的ストレスが多い

以下のような症状が出ている場合は、変形性腰椎症の可能性が考えられます。

・腰の鈍痛
・腰のだるさ
・前屈や後屈の際に痛みが発生する
・慢性的に腰が痛い
・腰やひざを曲げていると楽に感じる
・段差でつまずきやすい
・臀部に痛みがある
・足がしびれる
・足が冷える

変形性腰椎症は腰に大変多くの負担をかけてしまうので、ぎっくり腰が起きやすくなってしまいます。
そのため、酷くならないうちに治療を受けておくことが、とても大事となります。

 

【変形性腰椎症の改善方法】
変形性腰椎症は、以下のような改善方法で症状を緩和していきます。

・安静
軽度の変形性腰椎症の場合は、安静することで改善していきます。
無理をせず、起き上がる時は腰に負担をかけないようにゆっくり動くことが大事となります。
急いで動くことをせず、どんな時も落ち着いて動くことが大事となります。

・患部を温める
腰を冷やすと、変形性腰椎症の症状が発生しやすい傾向があります。
そのため、腰を冷やさないように温熱療法を取り入れることが大事となります。
温熱療法を取り入れるのはタイミングが大事なので、専門医に相談をしながら行うようにしましょう。

・血行不良の改善
腰の痛みや症状は、血行の悪さからも発生してしまいます。
患部の血行を良くするために、入浴などによりゆっくり温めるようにしましょう。
熱い湯船の浸かるのではなく、ぬるめのお湯に15~30分ほど浸かると体の芯から温めることができます。

 

・薬物療法
痛みが強い場合は、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などを使って治療を行います。
痛みがかなり強い場合は、神経の通っている部分に麻酔薬を直接投与して、神経ブロックをして症状を緩和させます。

・鍼灸治療
変形性腰椎症は、腰の骨が正常に動かなくなってしまうことで、腰椎のまわりにある筋肉に負担がかかっており、それが症状を発する原因となっています。
腰椎のまわりの筋肉を鍼灸治療で柔軟にすることで、症状緩和へとみちびくことができます。
鍼で直接筋肉を緩めることで、腰の痛みが感じなくなっていきます。

 

変形性腰椎症は放っておくと厄介な症状に発展してしまうので、早めに対処することが大事となります。
腰は大事な部分ですので、少しでもおかしいと思ったら専門医に相談をしましょう。

磐田市 変形性腰椎症の対処なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。

0538-67-8885

インスタ


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME