磐田市 変形性脊椎症の診察 藤接骨院磐田院

磐田市 変形性脊椎症の診察 藤接骨院磐田院

2018-07-14

【変形性脊椎症の原因と症状】

変形性脊椎症とは、首のまわりに起きる頚椎症と足腰に症状が出る腰椎症の2つがあります。
背骨というのは椎骨が積み重なってできており、椎骨が造る関節が動くことによって自由に曲げることができます。
関節が自由に動くのは、関節の表面に弾力性のある軟骨によって覆われていることが理由であり、この軟骨部分というのは加齢によりすり減ってしまいます。
その影響により、関節が上手くかみ合わなくなることで痛みが発生してしまいます。
以下のような方に、変形性脊椎症が発症しやすい傾向があります。

・40歳以上の特に高齢者
・男性
・肥満気味
・腰を使うスポーツを長くやっている
・腰を使う仕事を長くやっている
・若いころから腰痛持ち
・腰のケガや病気を繰り返している
・喫煙者
・糖尿病の方

これらの人は、変形性脊椎症になりやすい傾向があります。
加齢により、ほとんどの方がなりやすい症状とも言われています。

変形性脊椎症には、このような症状が発生します。

・足腰のシビレ
・肩こり
・首の後ろの痛み
・手のシビレ

これらが複数該当する場合は、変形性脊椎症を疑って早めに専門に相談をするようにしましょう。
変形性脊椎症は、軽度な場合は無症状のことも多くあります。
そのため、少しでもおかしいと思ったら、すぐに専門医に診てもらうことが非常に大事となります。

変形性脊椎症の診察は、レントゲンやMRI検査で判断をします。
変形性脊椎症では骨棘が発生するので、骨棘が確認できれば変形性脊椎症と判断されます。

 

【変形性脊椎症の予防】
変形性脊椎症は加齢になると誰もが発症してしまう症状といえますが、低い症状とするためには予防が必要となります。
以下のような予防方法で、変形性脊椎症の症状を起こさないようにしましょう。

・荷重負荷を減らす
1番は、背骨部分に余計な荷重を与えないことです。
身長に適した体重をキープすることで、荷重負荷を減らすことができます。
日頃適切な体系をキープして、ベストなスタイルとしましょう。
食事制限よりも、日ごろから運動を心掛けて体を絞ることをオススメします。
ウォーキングや身近でできる運動でいいので、体を絞るようにしましょう。

・喫煙をしない
タバコは、椎間板の変性を促進させてしまうので、絶対によくありません。
喫煙はせず、椎間板に余計な負担をかけないようにしましょう。

・糖尿病にならない
糖尿病も、椎間板の変性を促進させてしまうので、よくありません。
定期的に血液検査をして、糖尿病にならないようにみちびくようにしましょう。

・規則正しいライフスタイルを送る
変形性脊椎症にならないための全てにおける基本は、規則正しいライフスタイルを送ることです。
日常生活や食生活に十分に気を付けて、健康を保つようにしていきましょう。

変形性脊椎症は病気ではないので、ご自分で予防を行うことでなりにくい体質にすることができます。
少しでもおかしいと思ったら専門医に診てもらい、整骨院で鍼治療などで改善していくこともオススメです。

磐田市 変形性脊椎症の診察なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。

0538-67-8885

インスタ


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME