磐田市 脊柱管狭窄症の悪化 藤接骨院

磐田市 脊柱管狭窄症の悪化 藤接骨院

2018-06-30

【脊柱管狭窄症の原因や症状】
背骨には脳から続く脊髄という神経が通るトンネルがあり、そのトンネル部分を脊柱管といいます。
骨や靭帯が肥厚したり椎間板の突出により脊柱管が狭くなることで脊髄が圧迫されたことにより、腰や足に痛みやしびれが発生してしまうのが、脊柱管狭窄症です。
以下のような症状がある場合は、脊柱管狭窄症の可能性が考えられます。

・太ももからふくらはぎに、スネにかけて痛みやしびれがある
・痛みやしびれは、しばらく休むと楽になって動けるようになる
・しばらく立っているだけで、脚や腰がしびれたり痛くなってしまう
・前屈みになると、痛みやしびれが楽になる

これらのポイントに当てはまる項目が多ければ多いほど、脊柱管狭窄症の可能性が考えられます。

脊柱管狭窄症は、加齢により骨や靭帯が変形したことで起きることが大半です。
そのため、50代以降の高齢者に多く見られる症状であり、早い人では40代に発症してしまう人もいます。
また、すべり症や椎間板ヘルニアにより、発症してしまうこともあります。

主な症状といえば、長い時間歩き続けると症状が酷くなり、休むと歩けるようになる間欠跛行が典型的な症状となっております。
脊柱管狭窄症は、筋肉や骨、関節などの運動機能が障害されてしまい、立つ、歩くなどの機能が低下してしまう症状です。
そのため、悪化してしまうと日常生活が不自由になるだけではなく、介護が必要な状態になってしまうこともあります。

 

【脊柱管狭窄症の改善方法】
脊柱管狭窄症の改善方法は、これらの方法が挙げられます。

・薬物療法
神経への血流を改善させるために、薬物療法を行います。
また、歩けないほどの重度の場合は、障害されている神経のそばに局所麻酔注射である神経ブロックを打つこともあります。

・筋力トレーニング
筋力の衰えと骨を強くすることにより、加齢による骨の変形の進行を抑えることができることが証明されています。
無理のない筋力トレーニングからはじめて、症状を緩和させていきましょう。
ウォーキングや水中ウォーキングなど、簡単にできることでOKです。
特に水中ウォーキングは効果的な運動となり、筋力トレーニングに加えて血流改善にもみちびくことができます。

・ストレッチ
脊柱管狭窄症は、体のバランスの悪さによっても発生してしまいます。
体のバランスの崩れを改善させるためには、ストレッチが有効的です。
間違ったストレッチを行うと脊柱管狭窄症の症状を悪くさせてしまうこともあるので、正しいやり方で行うことがとても大事となります。
専門医と相談をして、適したストレッチを行うようにしましょう。

・鍼灸治療
痛みが発生している部分の筋肉の血流不足や酸欠状態を、鍼灸治療で改善させる方法です。
トリガーポイントを詳しく問診を行って、適切な部分に鍼灸治療を行うことで症状を緩和させていきます。
患部にピンポイントで施術を行っていくので、症状が楽になったという声が多く挙がっています。

 

脊柱管狭窄症は、悪化する前に適切な改善を行うことが大事となります。
少しでもおかしいと思ったら、まずは専門医に相談をしましょう。

磐田市 脊柱管狭窄症の悪化なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME