磐田市 ぎっくり腰の予防方法 藤接骨院

磐田市 ぎっくり腰の予防方法 藤接骨院

2018-05-30

【ぎっくり腰になったら】
ぎっくり腰は、ある日ちょっとしたことにより急に発生してしまいます。
いきなり訪れてしまうので、ぎっくり腰になってしまうとビックリしてしまいますよね。
急いでどうにかしようと思う人がほとんどだと思いますが、ぎっくり腰になったら焦ってはいけません。
時間が経つと症状が落ち着いてくるので、症状が落ち着くまで動かずそのまま待つとよいでしょう。
徐々に症状が良くなっていくので、動けるなと思ったら動くようにしましょう。

その後、横になって、楽になるまで安静にするようにしましょう。

ぎっくり腰は、症状によって安静だけで改善する場合も多くあります。
しかし、重いぎっくり腰の場合は、安静だけでは治りにくい場合があります。
2~3日安静にしても改善しない場合は、専門医に診てもらうようにしましょう。
整形外科で細かく診てもらい、どのような原因なのか突き止めてもらいましょう。

ぎっくり腰は急性の一時的な腰痛と言われていますが、適切な手当てを受けないと症状が長引いてしまうことがあり、慢性の腰痛となってしまうことがあります。
特に、中高年の方々がケアをしっかり行わないことで再発する場合もあるので、症状が長く残る場合は専門医に相談をするようにしましょう。

 

【ぎっくり腰の予防方法】
ぎっくり腰にならないためには、日ごろから予防を行うことが大事となります。
以下のような予防方法で、ぎっくり腰になりにくい体質にしましょう。

・ストレッチ
腰回りに効果があるストレッチを行うことで、ぎっくり腰になりにくい体質にすることができます。
腰に余計な負担をかけずに行うストレッチでオススメなのが、水中ウォーキングなどのアクアサイズです。
ただ水中で歩くだけですので、どなたでも簡単に行うことができますよ。
また、ウォーキングやスローピング運動も簡単に足腰を鍛えることができます。

・大股歩き
大股で歩くことにより、全身の筋肉を適度に使って、体の硬い部分を効果的に伸ばすことができます。
全身の動きのリズムが良くなり筋力強化につながるので、ぎっくり腰になりにくい体質になることができます。
もちろん最初から大股歩きはむずかしいので、小股で歩くことから始めて徐々に慣らしていくようにしましょう。

・急に動く動作をしない
ぎっくり腰になってしまうきっかけは、何らかの急な動きにより発生してしまうことです。
ふいに急に動いたことで発生してしまうので、急に動かないクセを付けることも大事となります。
例えば、朝起きる時は急に起き上がらずゆっくり起き上がる、顔を洗う時は腰だけを曲げるのではなく膝も少し曲げて負荷を分散させるなど、この程度のクセでも腰にかかる負担を軽くさせることができます。

 

ぎっくり腰は、誰でも急にやってきます。
日頃からぎっくり腰にならないように予防をして、ぎっくり腰に縁がないようにしましょう。
もしなってしまったら、慌てず安静にして症状が緩和されない場合は専門医に相談をするようにしましょう。

磐田市 ぎっくり腰の予防方法なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME