磐田市 腰椎すべり症の治療

磐田市 腰椎すべり症の治療

【腰椎すべり症とは】
腰椎すべり症は、腰椎が前の方に滑りだしてしまい、様々な弊害を起こしてしまう病気です。
腰椎すべり症には、以下の2つの種類があります。

・腰椎分離すべり症
背骨の本体の推体と後ろで関節を構成している推弓が、分かれてしまった状態です。
推体と推弓が分離されたままで放置していると、分離してしまった部分の腰椎の安定性が失われてしまいます。
上下の骨がずれて、すべりが生じた状態となってしまいます。

・腰椎変性すべり症
腰椎変性すべり症は、原因は不明と言われています。
現在言われている原因は、加齢により椎間板や靭帯、関節などの腰椎を固定している部分は変性を起こしてしまい、それにより腰椎の安定性がなくなってしまい腰椎にすべりが発生してしまうといわれています。
加齢や長期間の負荷によってずれてしまう腰椎すべり症なので、誰でも起こり得る症状です。
高齢の女性に、起こりやすい病気と言われています。

以下のような症状が起きている場合は、腰椎すべり症の可能性が考えられます。

・下半身に痛みがある
・下半身にしびれがある
・下半身に冷感を感じる
・短い距離なら問題ないが長い距離を歩くと痛みやしびれが出る
・立ったり歩くとお尻や太ももが痛くなる

腰椎すべり症の診断は、レントゲンで行います。
腰椎を前後に曲げて撮影することではっきり診断ができるので、間違いのない確認ができます。
また、レントゲンで所見がみられる場合は、MRIで神経の圧迫度を調べ、どの程度進行しているのかを確かめます。

 

【腰椎すべり症の治療】

腰椎すべり症の治療は、保存療法で行うことが大半です。
以下のような、保存療法を行います。

・安静
軽度の腰椎すべり症の場合は、安静が1番です。
横になって、腰に負担をかけないようにしましょう。
痛みが取れるまで、安静にしましょう。

・コルセット
コルセット治療は、腰椎すべり症の初期段階には必須の治療方法です。
コルセットを使って腰回りを固定させ、養生するという方法です。
腰が安定するので、痛みが和らいでいきます。

・内服薬
内服薬の治療で、痛みを軽くする方法です。
あくまでも痛みを抑える方法なので、改善の方法ではありません。
専門医に相談をして、内服薬の投与をしてもらいましょう。

・注射
痛みがひどい場合は、ブロック注射を行います。
痛みや症状に合わせた注射を打つので、ひどい痛みの場合でも楽になる場合が大半です。

・理学療法やマッサージ
整骨院などで、理学療法やマッサージ、電気療法を行ってもらう方法です。
腰の状態が楽になっていくので、オススメです。

このような保存的な治療で症状が安定しない場合は、手術を行う場合もあります。
あまりにも症状が治まらない場合は、その旨を専門医に相談をして判断をしてもらうと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
腰椎すべり症は、高齢の女性に起きることが多い病気です。
歩行困難になってしまうこともあるので、おかしいなと思ったら早めに治療をすることをおすすめします。

磐田市 腰椎すべり症の治療なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。

 


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME