ブログ記事一覧

喜びの声 藤接骨院磐田院

2018-06-26 [記事URL]

本日は患者様からいただいた嬉しい喜びの声をご紹介します。

20代女性の方です。

出産を機に履けなくなってしまったジーンズがあったそうです。

当院での骨盤矯正をうけていただいて、

その履けなくなったジーンズが履けるようになりました。

また、ご自宅でのストレッチもがんばってくださり、

身体がどんどん良くなっていったとのお声です。

素敵なお声をありがとうございます!

出産を機に履けなくなってしまったズボンがある!という方少なくないですよね。

当院は今後も産後のママさんを応援しています。

 

藤接骨院磐田見付院

0538-67-8885

インスタもみてください


骨盤の歪み 痩せにくい 藤接骨院磐田院

2018-06-22 [記事URL]

さてみなさん、突然ですが、自分の骨盤歪んでいませんか?

自分で自分の姿勢を見る機会ってほとんどないですよね。

正しい姿勢を保つには骨盤の位置も正しい位置になくてはなりません。

今回はそんな骨盤に関するお話です。

骨盤が歪むと痩せにくいといわれています。

それはなぜでしょうか?

骨盤というのは内蔵器を支える役割をしています。

なので骨盤が歪むと内臓器が下がってしまいます。

では本来内蔵器があるべき場所にはなにが入るでしょう。

それは脂肪です。

つまり、骨盤が歪む→内臓器が下がる→スペースができる→脂肪がたまる

このような流れになります。

その脂肪を取り除いただけでは、また同じ場所に脂肪がたまるだけですので

骨盤のゆがみを整えたほうが早く痩せていきます。

骨盤のゆがみがダイエットにも関係していたなんて驚きですね。

骨盤のゆがみが気になる方は

藤接骨院 磐田院

0538-67-8885

インスタも見てください


猫背 藤接骨院磐田院

2018-06-22 [記事URL]

本日は猫背についてお話いたします。

猫背についてみなさんどのようなことを知っていますか?

背中が丸くなっている。顔が前に出ている。など

猫背が良くない姿勢の姿勢であることはみなさん知っていると思います。

では猫背になるとなにが良くないのでしょうか?

まず、呼吸が浅くなります。

猫背の姿勢をしていると横隔膜がしっかりと機能しません。

そうなると身体にきちんと酸素を送り込むことができなくなってしまいます。

ですから、猫背の姿勢をしていると疲れやすくなります。

最近疲れがとれないと感じた方、猫背の姿勢をしていませんか?

また、横隔膜がうまく機能しなくなると頭痛が起こりやすくなります。

横隔膜の神経は首から出ているので、頭の重さを感じ、

頭が痛くなってしまうということです。

また、肩が凝るなど身体に多くの悪影響を及ぼします。

ただ、姿勢が悪いというだけではないんですね。

猫背が気になる。頭痛がよく起こる。疲れやすい。などの症状を感じたら、

ぜひ当院にご相談ください。

 

藤接骨院 磐田院

0538-67-8885

インスタも見てね♪

 


磐田市 椎間板ヘルニアになってしまう原因 藤接骨院

2018-06-15 [記事URL]

【椎間板ヘルニアの症状と原因】

椎間板ヘルニアとは、背骨の中にあるクッション部分である椎間板が、何らかの影響によって通常の位置から飛び出てしまった状態を指します。

飛び出してしまった椎間板が圧迫されることにより、腰痛や足の痛み、しびれ、ひどくなると感覚がなくなってしまうことがあります。

 

背骨というのは、頸椎、胸椎、腰椎の3つに分かれ、それぞれに椎間板があります。

背骨の構造で負担がかかりやすいのが頸椎と腰椎であり、この2か所にヘルニアが好発する傾向があります。

20~40代の男性に多く発生する症状であり、割と多くの方がなりやすいと言われている症状です。

 

椎間板ヘルニアになってしまう原因は、椎間板に強い圧力がかかっていることです。

椎間板に大きな負担がかかってしまうと、髄核を覆っている線維輪という硬い組織が破綻してしまい、そこからやわらかい髄液が出てきてしまいます。

その髄液が神経に当たることで、様々なヘルニアの症状を発してしまいます。

椎間板にかかってしまった負担が大きな原因ですが、遺伝や喫煙も発症の原因となっているとも言われています。

 

椎間板ヘルニアは、ひどくなってしまうと日常生活に様々な負担が出てきてしまいます。

症状が悪化しないうちに、治療を受けて改善へとみちびくようにしましょう。

 

 

【椎間板ヘルニアを悪化させない方法】

椎間板ヘルニアを悪化させないためには、以下の方法が適しています。

 

・安静

軽度な椎間板ヘルニアの場合は、安静にしていると症状が良くなっていきます。

また、普段から腰に負担を掛けない生活を心がけ、椎間板ヘルニアを悪化させないようにしましょう。

 

・薬物療法

椎間板ヘルニアの薬物療法は、炎症を抑えたり神経の働きを良くすることで、症状悪化を防ぐことができます。

 

・装具療法

コルセットなどを使って、椎間板ヘルニアの負担を軽くする方法です。

コルセットの使用の際は、椎間板ヘルニアに適したコルセットを使わなくては意味がありません。

自分流儀にコルセットを選んで使うようなことはせず、専門医に相談をして適したコルセットを教えてもらいましょう。

 

・運動療法

椎間板ヘルニアに負担がかからないように、筋力をつけて悪化を防ぐ方法です。

運動の仕方によってはヘルニアを悪化させてしまうこともあるので、専門医に相談をして運動方法を教えてもらって実践しましょう。

 

・鍼灸療法

鍼やお灸で椎間板ヘルニアに効果があるツボを刺激することで、椎間板ヘルニアの症状を緩和させることができます。

痛みが強く辛い椎間板ヘルニアは、素早く痛みをやわらげることができたという声が多く挙がっています。

鍼灸治療は痛くなく、気持ちいい程度の刺激で施術を行っていきます。

そのため、はじめての方でも快適に治療を受けることができます。

 

 

椎間板ヘルニアは、軽度のうちに改善していくことで辛い症状にならずに済みます。

重症化してしまうと手術など最悪な状態になってしまうこともあるので、軽いうちにケアをすることをオススメします。

 

磐田市 椎間板ヘルニアになってしまう原因なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。

 


磐田市 梅雨 交通事故 むちうち 後遺症 藤接骨院

2018-06-09 [記事URL]

梅雨時期のドライブにはご注意を

 

皆さんもご存知だとは思いますが、雨だと交通事故が多くなります。

ある会社のデータによると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっていると言われています。
深夜の事故は、晴天時より約7倍も事故が発生してしまいます!

原因は、視界が悪くなるのと、路面が滑りやすくなるからです。

雨の中でもっとも多いのは、スリップによる事故です。
速度が速いままカーブに進入し、その結果として生じるスリップのほか、追い越し時の急加速による直線でもスリップ、そのほか様々な状況で事故が発生しています。
また、雨の日は歩行者を見落としてしまいがちです。さらに、夜間になると見落としの危険が高まります。
注意は〝しすぎる〟ということはないので、雨が続く今の季節は、いつも以上に気を引き締めたいものです。

そして、外気温の影響や、自分の心理状態によって集中力が低下するので気を付けましょうね!!

交通事故に遭ってしまった、起こしてしまった際には当院へお気軽にご相談ください!!

 


磐田市 坐骨神経痛の可能性 藤接骨院

2018-06-03 [記事URL]

【坐骨神経痛の症状と原因】
・お尻から脚にかけてビリビリとしびれた感じがある
・座っている時にお尻にジンジン痛みがある
・お尻から脚まで痛みやしびれがある
・座った状態から立ちあがる時に痛みがある
・歩くことが難しいと思うことがある

 

このような場合は、坐骨神経痛の可能性が考えられます。

坐骨神経というのは、お尻から脚先にかけて走っている太くて長い神経です。
何らかの原因により、お尻から脚先にかけてしびれや痛みが発生してしまうことを、坐骨神経痛といいます。

坐骨神経痛は、以下のような原因により発症してしまうことがあります。

・腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板に強いストレスがかかることで髄核が外に飛び出してしまう状態です。
髄核が飛び出して坐骨神経に触れてしまうことで、坐骨神経痛を引き起こしてしまうことがあります。

・脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症は椎骨がずれたり変形などにより、脊椎の通りが狭くなってしまい新経鼻触れてしまう症状です。
腰部分で狭窄が起きてしまうことで、座骨神経痛となってしまうことがあります。

・症候性座骨神経痛
明らかな坐骨神経痛が出ているのに、様々な検査を受けても神経の圧迫などの異常が見られない場合、症候性坐骨神経痛と呼ばれます。

・梨状筋症候群
仙骨と大腿骨に付いているのが梨状筋という筋肉であり、この筋肉の前の方に坐骨神経が通っています。
梨状筋が硬くなった場合に坐骨神経が圧迫されてしまい、坐骨神経痛になってしまうことがあります。

・仙腸関節障害
背骨を構成している骨の中に仙腸関節という関節があり、この関節部分に傷害が起きることで坐骨神経痛となってしまうことがあります。
仙腸関節はわずかにしか動かない関節なのですが、妊娠や出産により大きく動いてしまうことがあります。
妊娠出産の経験がある方は、仙腸関節障害による座骨神経痛の恐れも考えられます。

・変形性腰椎症
変形性腰椎症は、老化により発生する症状です。
老化によって脊柱の椎骨の変形や椎間板の変性などが発生して疼痛となり、神経を圧迫してしまうことで坐骨神経痛となってしまうことがあります。

 

【座骨神経痛改善方法】
坐骨神経痛は、以下のような改善方法を行っていきます。

・日常生活の改善
坐骨神経痛は、日常生活に原因がある場合があります。
坐骨神経に負担を掛けない生活を、心がけるようにしましょう。
長時間椅子に座ったり、長時間の運転は坐骨神経に大きな負担を掛けるので、避けるようにしましょう。
重い物を持ったり中腰での作業など、腰に負担を掛ける動作は極力控えましょう。
腰に負担をかけにくい姿勢や動作を行うことで、坐骨神経痛の早期改善へとみちびくことができます。

・運動療法
発生している症状に合わせて、運動療法で筋肉増強をして症状を改善していく方法です。
坐骨神経痛の症状によって運動療法が異なるので、専門医に相談をして支持を受けましょう。

・コルセットなどの装具療法
適切なコルセットを使うことで、坐骨神経痛を軽くさせることができます。
坐骨神経痛の症状に合わせたコルセットが必要になるので、専門医に相談をするようにしましょう。

・鍼灸療法
鍼灸により、坐骨神経痛の症状をやわらげることができます。
安静や装具療法よりも早く症状が改善するので、辛い坐骨神経痛も楽になっていきますよ。

 

坐骨神経痛は、症状が酷くなっていくと生活しにくくなるので、おかしいなと思ったら早めに治療を受けるようにしましょう。
鍼灸療法は早めに症状が軽くなっていくので、オススメです。

 

磐田市 坐骨神経痛の可能性なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


磐田市 ぎっくり腰の予防方法 藤接骨院

2018-05-30 [記事URL]

【ぎっくり腰になったら】
ぎっくり腰は、ある日ちょっとしたことにより急に発生してしまいます。
いきなり訪れてしまうので、ぎっくり腰になってしまうとビックリしてしまいますよね。
急いでどうにかしようと思う人がほとんどだと思いますが、ぎっくり腰になったら焦ってはいけません。
時間が経つと症状が落ち着いてくるので、症状が落ち着くまで動かずそのまま待つとよいでしょう。
徐々に症状が良くなっていくので、動けるなと思ったら動くようにしましょう。

その後、横になって、楽になるまで安静にするようにしましょう。

ぎっくり腰は、症状によって安静だけで改善する場合も多くあります。
しかし、重いぎっくり腰の場合は、安静だけでは治りにくい場合があります。
2~3日安静にしても改善しない場合は、専門医に診てもらうようにしましょう。
整形外科で細かく診てもらい、どのような原因なのか突き止めてもらいましょう。

ぎっくり腰は急性の一時的な腰痛と言われていますが、適切な手当てを受けないと症状が長引いてしまうことがあり、慢性の腰痛となってしまうことがあります。
特に、中高年の方々がケアをしっかり行わないことで再発する場合もあるので、症状が長く残る場合は専門医に相談をするようにしましょう。

 

【ぎっくり腰の予防方法】
ぎっくり腰にならないためには、日ごろから予防を行うことが大事となります。
以下のような予防方法で、ぎっくり腰になりにくい体質にしましょう。

・ストレッチ
腰回りに効果があるストレッチを行うことで、ぎっくり腰になりにくい体質にすることができます。
腰に余計な負担をかけずに行うストレッチでオススメなのが、水中ウォーキングなどのアクアサイズです。
ただ水中で歩くだけですので、どなたでも簡単に行うことができますよ。
また、ウォーキングやスローピング運動も簡単に足腰を鍛えることができます。

・大股歩き
大股で歩くことにより、全身の筋肉を適度に使って、体の硬い部分を効果的に伸ばすことができます。
全身の動きのリズムが良くなり筋力強化につながるので、ぎっくり腰になりにくい体質になることができます。
もちろん最初から大股歩きはむずかしいので、小股で歩くことから始めて徐々に慣らしていくようにしましょう。

・急に動く動作をしない
ぎっくり腰になってしまうきっかけは、何らかの急な動きにより発生してしまうことです。
ふいに急に動いたことで発生してしまうので、急に動かないクセを付けることも大事となります。
例えば、朝起きる時は急に起き上がらずゆっくり起き上がる、顔を洗う時は腰だけを曲げるのではなく膝も少し曲げて負荷を分散させるなど、この程度のクセでも腰にかかる負担を軽くさせることができます。

 

ぎっくり腰は、誰でも急にやってきます。
日頃からぎっくり腰にならないように予防をして、ぎっくり腰に縁がないようにしましょう。
もしなってしまったら、慌てず安静にして症状が緩和されない場合は専門医に相談をするようにしましょう。

磐田市 ぎっくり腰の予防方法なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


寒暖差 頭痛 体の不調 自律神経失調症 骨格矯正 藤接骨院

2018-05-18 [記事URL]

最近は暑かったり、涼しかったりと気温の変化が激しいですよね。
まだまだ体の対応が大変になっています。

そんなときに陥りやすいのが自律神経失調症。

自律神経失調症といっても症状が書ききれないほどありますが交感神経と副交感神経がアンバランスになっている状態を言います。

では、どのようにしたら自律神経が整うのでしょうか?

一つはできるだけストレスを取り除き安静にしていることです。
しかし、仕事や家事などでなかなかこのような状態を作り続けることは出来ません。

もっと簡単な方法は背骨を整えてあげることです。

実は、背骨の中に自律神経が通っているため、各脊椎が神経を圧迫してしまったり、配列がアンバランスになってしまうと自律神経が乱れるのです。

さらに、背骨の土台となるのが骨盤です。

骨盤は、上半身と下半身とをつないでいる重要な部分で要の様な役割を担っています。
重い頭部を支えている上に、歩くことによる衝撃も受けてしまうからです。
しかし、周囲には靭帯と筋肉しか存在しておらず骨により固定されているわけではありません。
また、女性は出産のために柔軟で動きやすいという特徴があるので、歪みが生じる可能性も高くなります。

骨盤が歪むということは全体のバランスが乱れてしまうということであり、様々な不調が発生しやすくなります。
偏った体勢で重みを支えることになるので、負担を強く受ける部分とそうでない部分とが出来てしまいます。
強く負担を受ける部分には痛みや不調が生じやすく、弱くかかる部分は筋力が低下します。
左右で足の長さや太さも違ってくるので、さらに深刻な問題に発展する可能性があります。

また、骨盤が歪んでしまうと身体に異常が生じやすくなるというだけではなく、自律神経のバランスにも悪影響があります。
このために、骨盤の歪みは万病の元であるという理念に基づき
この部分の矯正治療により痛みや不調を解消できるというカイロプラクティックや整体といった手技療法が考案されています。
その具体的な方法が、骨盤矯正という治療法です。

骨盤矯正を行うことにより、身体の根幹部分のバランスが正常な状態に回復するので、痛みや不調の原因が根本的に改善されます。
また、負担があまりかからなかった部分の筋肉も使用される様になるので、全体的な代謝機能も改善することになります。
これにより、自律神経の問題も比例して解消されます。

なお、骨盤矯正はメスや医薬品を使用する治療とは根本的に異なっており、何かを犠牲にするという危険はありません。
つまり、副作用の心配はないということであり、安心して治療を受けることが出来ます。
正しい姿勢に戻すということが基本的な目的であり、自然治癒力という誰にでも備わっている能力が引き出されることで状態が改善します。

特に、原因が思い当たらないにも関わらず精神状態が思わしくないという場合は、身体が歪んでいる可能性があります。
このような場合は骨盤矯正を行うことにより、状態が飛躍的に良化する可能性があります。
なお、骨盤矯正を実施しているカイロプラクティックや整体は国家資格ではありません。
このために治療師により技術のレベルには差があるので、事前の情報収集が非常に重要です。
特に、実際に施術を受けた人による口コミは貴重な参考材料として利用できます。

当院では国家資格を取得した施術スタッフが骨格矯正や骨盤矯正を行います。

体を知り尽くした施術スタッフが皆さんに合った矯正を行い、ストレッチや日常生活で気をつけることをお伝えさせていただいています。

ちょっとした体の不調、お悩みなどありましたら是非、お気軽にご相談ください!!

自律神経を整えてスッキリとした日々を送りましょう!!

いつもご覧いただきありがとうございます。ご意見ご感想等ありましたらコメントにてお待ちしております。


磐田市 交痛事故による頭痛めまい 藤接骨院

2018-05-16 [記事URL]

【事故による頭痛めまいは非常に多い症状】
交痛事故によって頭痛やめまいが起きると、それは交通事故による影響ではないと思う人もいると思います。
実は、交通事故に後遺症に、頭痛やめまいというのは非常に多くあります。

交痛事故による頭痛めまいが発生する原因は、以下の4つが挙げられます。

交通事故の衝撃によって骨や筋肉が歪んでしまうことで発生する、むちうちによる影響です。
むちうちは首や肩が痛くなる印象がありますが、首の神経や筋肉のひずみによって頭痛やめまいも発生させてしまいます。

・むちうち
交通事故のケガでよくあるむちうちですが、むちうちによって頭痛やめまいが起きてしまうことがあります。
むちうちは頚椎に障害が起きてしまいますが、頸椎からは副交感神経が働いており、むちうちの影響で副交感神経の働きが妨げられてしまいます。
そのため、頭痛やめまいの症状を引き起こしてしまうのです。
厄介なのは、むちうちの症状というのはレントゲンヤMRIに移らないということです。
むちうちは物理的に証明しにくく、むちうちによる頭痛やめまいも物理的に証明できないこともあります。

・バレリュー症候群
交通事故の衝撃によって、首の前側にある神経節が活発に動いてしまいます。
交感神経が優位になることで血液循環が悪くなり、発生してしまう頭痛やめまいです。

・筋緊張性
交通事故によって首の筋肉が緊張状態となってしまい、頭痛やめまいを引き起こしてしまいます。

・脳脊髄減少症
交通事故の影響により、脳にあるくも膜が損傷してしまうことで脊髄液が漏れてしまうことがあります。
その際、頭痛やめまいが発生してしまうことがあります。

 

【交痛事故による頭痛めまいは必ず診察を受けよう】
交痛事故による頭痛めまいは、頭痛やめまいということで軽視せず、すぐに専門医の診察を受けることが大事となります。
レントゲンなどの診察を受けて、細かい部分の原因を掴むことはとても大事となります。
首や頭などの大事な部分の損傷によって起きている頭痛やめまいかもしれないので、原因を掴んで治療していく必要性があります。

厄介なのは、交通事故後時間が経過してから頭痛やめまいが起きてしまうことです。
日にが経過してしまうと、交通事故での診察を受けることに躊躇してしまうかもしれません。
しかし、必ず交通事故扱いで診察を受ける事ができるかを確かめて、必ず診察を受けるようにしましょう。
安易に放置しておくことで、後に重篤な病気だったということもあります。
頭痛やめまいは軽傷ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
交痛事故による頭痛めまいは、軽くとらえてはいけません。
必ず細かい部分まで検査をして、異常がないかどうかを確認しなければいけません。
もし、病院での診察で異常がなく、その後いつまで経っても頭痛や痛みが抜けない場合は、整骨院などのまた違う専門医に相談をして、診察を受けてみると良いでしょう。

磐田市 交痛事故による頭痛めまいなら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


磐田市 事故による体のしびれ 藤接骨院

2018-05-01 [記事URL]

【事故による体のしびれは専門医に診てもらおう】
交通事故によって、手足にしびれが出てしまうことがあります。
交通事故で受ける衝撃というのは想像以上であり、その大きなダメージの影響で首の中心をとおっている神経根がダメージを受けてしまうことで、神経がつかさどっている部分にしびれを発症させてしまうことがあります。

事故による体のしびれが発症してしまった場合は、病院でレントゲンやCT、MRIを撮って検査をして確認します。
脳の損傷や頸椎の骨折を確認し、異常がある場合は入院や手術となります。
検査で脳や頸椎の損傷が確認されない場合は、後遺症で苦しむことはほぼないといわれています。
その場合は、痛み止めを飲みながら安静して様子を見ます。
経過観察をして、しびれの症状が緩和されていくかを確認していきます。
経過観察をしてしびれが緩和されない場合は、何かの疾患が影響している場合があります。

 

【事故による体のしびれが発生してしまう疾患】
事故による体のしびれが発生してしまう場合は、以下のような疾患の場合があります。

・斜角筋症候群
斜角筋症候群は、首の後ろの斜角筋という部位が緊張してしまう症状です。
斜角筋が緊張してしまうことで、手足がしびれることがあります。
病院では骨や神経に問題がないと異常がないといわれがちですが、事故による体のしびれは斜角筋症候群が原因の場合があります。
この場合、首の前側にアイシングや電気を当てることで、徐々に改善していきます。
また、整体師が頚椎を調整することで、斜角筋の状態が和らぎます。
即効性はありませんが、施術を受けるたびに徐々に良くなり、事故による体のしびれも軽減していきます。

・椎間孔狭窄症
交通事故の後に無理に首を動かすと痛みやしびれが出る場合、椎間孔狭窄症の場合があります。
椎間孔狭窄症も、レントゲンなどの病院の検査には症状が出ません。
交通事故により骨と骨の隙間が狭くなってしまい、その隙間から神経が圧迫してしまう症状です。
整骨院で狭くなってしまった骨と骨との間を広げて、神経を圧迫しないようにします。
首を引っ張る牽引治療がメインとなりますが、痛くないので安心して受けることができます。
日常生活に支障をきたすほど辛い場合は、鎮痛剤が処方されますので安心です。

・ヘルニア
事故の影響で首と首の間にある軟骨が飛び出てしまい、神経を圧迫したことによるしびれの原因です。
軽度な場合は、コルセットや内服薬での治療となります。
重度な場合は、注射や首を引っ張ることで、ヘルニアを改善していきます。
電気やマッサージで治療をすることもあり、痛くなく治療を受けることができます。

いかがでしたでしょうか。
事故による体のしびれというのは、病院では原因がはっきりしないこともあります。
原因がはっきりしない場合は軽度なしびれの症状だと思い、すぐに治ると思ってしまいます。
しかし、意外と治らないことも多く、そのような場合は整骨院でまた違った観点で診察を受けて原因を掴むと良いでしょう。
しびれが治らないということは、何かの原因が隠れている証拠となります。
しびれがスッキリ治るよう、必ず原因を特定して治療を受けて改善しましょう。

磐田市 事故による体のしびれなら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 磐田院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME