磐田市 股関節痛 藤接骨院

磐田市 股関節痛 藤接骨院

2017-12-04

股関節痛の対処と予防は体の偏った使い方や悪いクセを直すこと

股関節痛の原因としてはいくつかあって、そのひとつが股関節内にある骨と骨の間が狭くなって、股関節が変形して炎症が起こる変形性股関節症です。
初期段階の症状は、立ち上がったり歩き始めたりするなどの動作時に股関節や太ももの前側・外側に痛みが起こります。
進行すると寝ていたり安静にしている時だったりでも痛みが起こりますし、ボキボキ音が鳴るといった症状が出てしまいます。

股関節は、臼蓋という受け皿のような部分に、大腿骨の先端の骨頭が納まるように構成されています。
しかし、この臼蓋の形状が不完全なことにより大腿骨側の軟骨に摩耗が生じて、股関節に炎症がおこり痛みを生じる臼蓋形成不全も、股関節に痛みを生じる原因のひとつです。
症状は変形性股関節症と同じですが、中には股関節に痛みを感じない方もいるので注意が必要です。
また、常に片側の足に重心がかかっている立ち姿になっているとか、横座りをよくするとか、歩く時にいつも片側の足に重心が傾いているなどの姿勢の悪さや偏った体の使い方が原因で股関節に痛みが起こることも多いです。
しかも、変形性股関節症や腰痛などの原因も姿勢の悪さや偏った体の使い方からきているので、様々な症状の根源ともいえるのです。
それ以外にも、坐骨神経痛や妊娠しているため・スポーツによるため・腰痛からくる痛みなども要因として考えられます。

こうした股関節痛の対処法としては、体操と体の歪みを直すことです。
様々な原因が考えられるのですが、共通していることは股関節の動きが悪くなっていることで、まずは体操により股関節の可動を良くすることが大切です。
誰でも簡単にできる体操がいろいろと紹介されているので、それらを参考にして体操することを心がけることをおすすめします。
それから、全身の体の歪みを直すことも対処法になるので、整骨院や整体院で治療することをおすすめします。
また、整体院や整骨院での治療と共に、今までの体の偏った使い方や悪いクセを直す必要もあるので、意識して改善することを心がけると良いです。

特に予防するため心がけたいことは、片方の足ばかり重心をかけないことです。
片足ばかり体重をかけていると体の重心が偏って、左右の足の長さが違ってきたり骨盤や背骨を歪ませてしまったりします。
その結果、足の付根に痛みが生じたり股関節痛みにつながったりするので、意識して左右交互に体重をかけるよう心がけることです。
女性に多くみられる横すわりをしないことも予防として大切なことです。
横すわりをしていると股関節や膝を捻じれてしまい骨盤や背骨を歪ませることになることを理解しておくと良いです。
また、それと共に足を組まないにすることも大切で、一度足を組み出すとクセになるので注意が必要です。
足を組むとそちら側の骨盤があがって背骨も歪みますし、股関節の左右の開きにも違いが起こってきて、その結果足の付根の痛みや股関節の痛みを引き起こしてしまうこともあるのです。
どうしても足を組んで座る時は、意識して左右を交互に組み替えて座ることで、決して同じ組み方を続けないように意識することが大事です。

磐田市 股関節痛なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME