磐田市 産後の骨盤矯正

磐田市 産後の骨盤矯正

2017-09-15

産後の骨盤矯正をする際に実践すべきポイントは?

妊娠中から産後は骨盤が歪みやすい時期と言われていますが、その原因は基本的には普段の生活で骨盤が歪むのと同じで、姿勢が悪い・筋力が弱くなっているといったことです。
まず原因となる姿勢の悪さひとつは、妊娠中に胎児の成長と共に反り腰という骨盤が前傾した姿勢になってしまうことです。
この反り腰の状態になると腰に大きな負担がかかるため腰痛になる妊婦が多いですし、腸骨がせり出して広がって見えたり、大殿筋に力が入らなくなったりするためお尻が垂れて見えるようになります。
もうひとつ妊娠中の悪い姿勢として横座りがあって、それにより股関節が捻じれて骨盤の片側に体重がかかるようになるのです。
ただ横座りを左右交互にやるのなら問題ないのですが、片側一方向のみの横座りが習慣になっているケースが多いので危険です。
それは、すでに骨盤が歪んでいる可能性が考えられて、それにより反対側の横座りをしてもやりにくくなっていることも考えられます。
いずれにしても、妊娠中にこのような悪い姿勢が何ヶ月も継続されると、働きにくくなった筋肉が衰えますし、悪い姿勢が習慣化して骨盤が歪んでしまいます。
そして、それにより産後も本来の筋肉の状態や本来の姿勢に戻りにくくなる原因につながって、産後の骨盤の歪みを引き起こしてしまうのです。

さらに、産後は授乳など赤ちゃんのお世話において猫背になりやすいですし、おむつ交換などで片方の手にだけ力が入りやすいなど、バランスの悪い状態になりやすいです。
このような状態も産後の骨盤を歪ませる要因になりますし、リラキシンというホルモンの影響もあります。
このリラキシンというホルモンは、出産をスムーズにするために妊娠中から分泌されて、骨盤の靭帯や関節を緩める働きをします。
そして、そのリラキシンの影響は産後6ヵ月程度まで続くケースもあって、それにより産後も骨盤の靭帯や関節が緩んでいるため骨盤が歪みやすい状態にあるのです。

骨盤の歪みをそのまま放置していると、様々な体のトラブルを招いてしまうので、産後の骨盤矯正で歪みを解消する必要があります。
産後母体の体力が回復してきたらいよいよ産後の骨盤矯正をすることになりますが、その際に実践すべき3つのことがあります。
それは、骨盤や姿勢に関係する筋肉をバランスよく鍛える、関節の可動域を広げ柔軟性を高める、日常の姿勢を良くするといったものです。
骨を導くのは筋肉なので、悪い姿勢により弱くなった筋肉や付き方のバランスが悪くなった筋肉をバランス良く鍛える必要があって、それにより骨盤・骨格を正しい位置に導くことができるのです。
特に、骨盤や姿勢に関係する筋肉はインナーマッスルと呼ばれる筋肉なので、軽い負荷の有酸素運動で鍛えると良いです。
また負担がかかっている筋肉は、緊張状態にあることで硬くなり弾力性を失っているので、ストレッチなどで関節の可動域を広げたり、筋肉の柔軟性を高めたりしてバランスの良い状態にする必要があります。
それから日常の姿勢が悪かったら、いくら産後の骨盤矯正で歪みを解消しても意味がないので、良い姿勢で生活することを習慣にすることが大事です。

磐田市 産後の骨盤矯正なら、「藤接骨院 磐田見附院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME