~腰痛とは~ 藤接骨院磐田見附院

~腰痛とは~ 藤接骨院磐田見附院

ぎっくり腰~症状と原因、対処と予防について。
「腰痛といえば、ぎっくり腰」。このようにイメージなされる方も多いのではないでしょうか?
日常生活のふとした何気ない動作で、突然激しい痛みに襲われ動けなくなるので、一度でも、「いわゆる」ぎっくり腰になってしまった方々の中には、不安を感じている人も多いはずです。
又、「何気ない動作」で「突然」ですから、誰にでも発症する可能性があるかもしれません。
そんな時の為に、なぜ起こるのか?原因の理解や、実際にぎっくり腰になったら、応急処置はどう対処したらよいのか?ぎっくり腰とは?その「症状」について。
ぎっくり腰とは、腰部に痛みがあり、内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないものの総称を指し、急性腰痛の代表的なものの一つです。
なお、一般的に用いられる「ぎっくり腰」という言葉は、この急性腰痛の俗称とでもいいましょうか、実は「症状を指している言葉」で、病院では「腰椎捻挫」とか「筋・筋膜性腰痛症」などと診断されます。
その症状として、「突然の激痛で動けなくなる」が、ぎっくり腰の症状です。
重く張ったようなだるいような痛みが続き、慢性化する場合もあります。
↑「ぎっくり腰』
どんな時におこるのか?
ぎっくり腰の引き金となる要因は様々ですが、下記のような時に発生する事が多いです。
例えば・・・
中腰でものを持ち上げたり、急に立ち上がろうとした時。
前かがみになった時。
長く座っていた。
寒いところで仕事をした。
ゴルフなどで腰をひねった
こん時に、ぎっくり腰が発生しやすくなります。
↑何気ない動作でも注意して・・・
実は、「他の病気」であることも・・・
「腰痛 = ぎっくり腰」と、イメージしている方も多いと思われますが、実は、椎間板ヘルニアや圧迫骨折、すべり症など、他の病気である事も考えられるので注意が必要です。
たかが、腰痛、たかが、ぎっくり腰と素人判断しないようにしましょう。
「原因」は?
本来の意味合いとは少し違いますが、「急性腰痛」という言葉からもイメージできるとおり、筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れが原因と考えられます。
解りやすくするために、先の項目と少々重複しますが、
「不用意に体をひねった」「重いものを中腰で持ち上げた」「前傾姿勢をとった」時などに起こりやすいものです。
他にも、「長時間の同じ姿勢、無理な姿勢」「筋肉疲労」「女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩んで起こる」事もあります。
さらに、「運動不足、肥満、全身の疲れ」などにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事も原因として考えられます。
↑ぎっくり腰の原因は、筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張や疲れなど様々・・・

ぎっくり腰の対処方法。(応急処置)
まずは、「安静」と「冷却(炎症を抑える)」と、覚えておいてください。
楽な姿勢をとって安静。
無理に動かしたり体を起こしたりせず、少しでも楽になる姿勢を探します。
横になることが出来るのであれば横になり、安静にします。
※ぎっくり腰の時、痛みが強い時に楽な寝方として、「横向きで膝を曲げて」寝ると楽になる事もあります。
※2~3日は、出来る限り安静して休養するようにしましょう。
冷却(炎症を抑える)。
氷水を入れたビニール袋を、痛む箇所に約10分当てて10分外すを繰り返してみて下さい。(冷やしすぎに注意。途中で痛みが強くなれば無理せず中断します。)
コルセットやサポーター等の装着。
腰のサポーターやコルセットを装着して、適度に腰部を圧迫すると、痛みが軽減される事があります。ぎっくり腰を繰り返すような場合、コルセットを買っておくと安心です。※締めすぎや、つけっぱなしは良くありません。
※ ぎっくり腰の対処法として、温めたり、揉んだりストレッチをするのは炎症が治まってからにします。
 その他、腰が痛み出したときの対処方法はこちらを参考にしてください
アイシング

・ぎっくり腰が治療で治っても、引き金となる原因を解消しなければ再発のリスクは付きまといます。
又、一度ぎっくり腰になると、繰り返すなど、くせになる場合もありますので、日常生活では下記の点に注意して予防に取り組んでみて下さい。
ぎっくり腰の予防をはじめ、腰痛においては、「正しい姿勢」が特に重要です。
姿勢に注意する
急な動作を避ける
疲れを溜めない
適度な運動をする
肥満に注意する
寒さ対策に気をつける
・身近な腰痛の原因
ぎっくり腰を治療していくとき、重要なポイントの一つに食事の内容があげられます。
ぎっくり腰は、腰痛の原因にもなる腸腰筋の機能不全(弱り)に加えて、胃腸の冷えたときになることが多いようです。
ですから、安静にしていても、胃腸を冷やすもの、例えば 糖分の多いもの、冷たいもの、アルコールを摂っていると改善が遅くなります。(蒸造アルコールをあまり含まない日本酒なら大丈夫)うどんなどの温かいものや根菜類のように、おなかを温めるものがおすすめです。

藤接骨院 磐田見附院
電話番号0538-67-8885


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME