磐田市 膝痛 膝の水 藤整体院磐田院

磐田市 膝痛 膝の水 藤整体院磐田院

こんにちは!

藤整体院磐田院です!!

 

本日は膝に溜まる水について話していきます。

今まであまり痛くなかった膝が腫れて突然痛くなることがあります。。多くは変形性膝関節症といって軟骨が変性(老化)する事によって炎症がおこり痛くなります。炎症が強いと水が貯まります。よく水を抜くと癖になると言われ抜くことを躊躇される方がおられますが、ある程度沢山水が貯まると痛みも強まり、脚をかばい続けるために益々筋力が弱まって骨や関節に負荷がかかるという悪循環になることがありますので状態によっては水を抜くことも意味があります。水を抜く目的は、水が溜まることによって起きる二次的な痛みや重だるさの改善や水の中にある炎症の原因物質を取り除くために行います。

膝の水は関節液と言われ、関節液は関節の滑りを良くするとともに関節軟骨に栄養を与える液体で、正常では関節軟骨表面を潤すだけの少量ですが、関節の中に炎症が起きると過剰に産出される結果、関節水腫(水がたまった状態)となります。ちょうど、鼻炎で鼻水がたくさん出てくるのと似ています。膝の水を抜いたからたまってくるものでもないのです。水がたまらないようにするには、その原因を明らかにして治療することが大切なのです。

膝に水が溜まる原因としては膝に炎症がある、または膝の半月板や軟骨に損傷があるためです。症状名としては「変形性膝関節症」「関節リウマチ」「半月板損傷」「痛風・偽痛風」などがあります。

膝に水が溜まっているかどうか知るには整形外科医の診察をうけ、レントゲン検査や関節液の検査などで、ほぼ診断が可能となります。関節液の検査というのは、膝から直接注射器を使って水を抜いたときに、その色と量、濁り具合で判断できます。おおまかにいって、濁りが強い(白血球が多い)ほど炎症が強いといえます。たまっているのが水ではなくて血液であったり、膿であったりすることもあります。血液や膿の場合、前に列挙した疾患以外の病気が隠れていることもあり、MRIや関節鏡といった検査が必要になります。

水を何回抜いても炎症がなくならないと水は出続けます。なので、膝の水を取るのも大事ですが膝に炎症などの痛みの原因を取る治療も大事になります。

その場合は、整形外科だけでなく接骨院でも治療ができます。

痛みを取る治療は藤接骨院が得意といている治療です。ハイボルトという電気を使って膝の痛みを取っていきます。なので正座など膝を曲げることができなかった患者さんが数年ぶりに正座ができたと感動してもらうことが多いです。是非一度ご来院ください。

いつもご覧いただきありがとうございます。

ご意見ご感想等ございましたらコメントにてお待ちしております。

インスタ

0538-67-8885


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、初回の方に限り下記特典をご利用頂けます。

ホームページ特典

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ

メールでのお問合せ

磐田市見付の整体 腰痛肩こり骨盤矯正「藤接骨院 磐田見付院」の詳細情報

住所 〒438-0086 静岡県磐田市見付1216番地2
電話番号 0538-67-8885
営業時間 平日 10:00~19:00 土曜日 9:00~12:00
定休日 日曜日・祝日・土曜日の午後
最寄駅 JR東海道線磐田駅より車で10分、東名磐田インターより車で7分
駐車場 駐車場10台無料

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY



磐田市見付 整体 腰痛肩こり骨盤矯正なら
「藤接骨院 磐田見付院」

住所:〒438-0086
静岡県磐田市見付1216番地2

0538-67-8885




MENU

MAIL

TEL
HOME